Blog」カテゴリーアーカイブ

「尾形良一」展

西脇市岡之山美術館へ
「尾形良一」展を観に行ってきました。

実は、先日も行ったのですが
もう一度ゆっくり拝見したくて
再度訪れることに。

20年ぶり?ぐらいに尾形さんとお会いし、
絵の事をいろいろと伺うこともできて嬉しかったです。
尾形さんの陶芸作品はこれまでも拝見していたのですが
日本画を拝見したのは今回が初めて。
日本画の色合いや質感が、すごく作品と合っていて
森の空気が感じられるような素晴らしい作品でした。
もう一回観に行こうかな…(笑)
2月12日まで開催されています。
ぜひ観てみてください。お勧めです。

+++++
アトリエ個展シリーズ VOL2「尾形良一」展
会 場:西脇市岡之山美術館 アトリエ
〒677-0039 兵庫県西脇市上比延町345-1
TEL & Fax. FAX: 0795-23-6223
会 期:1月23日(火)~2月12日(月・祝)
時 間:10:00~17:00(入館16:30まで) ※最終日は15:00で終了
休館日:1月29日、2月5日

岡之山美術館のサイトはこちら

8/19(土)8/20(日)ふく蔵さんでワークショップ

8月19日(土)と20日(日)の2日間、
兵庫県加西市のふく蔵さんにて
「自分の絵で缶バッジ作り」のワークショップをします!
会場で紙に絵を描いていただき、その場で缶バッジにします。
ワークショップの時間は10:00〜17:00までを
予定しています。
時間内は随時ご参加いただけます。
お一人1,000円でバッジを2つ作っていただけます。
2つ以上ご希望の際は1つ200円で追加でお作りできます。
詳細は前回の投稿記事
「クラフト展2017 in ふく蔵」をご覧ください。

缶バッジワークショップの手順を
簡単にご説明させていただきますと


まず、紙の円の中に自由に絵や文字を描きます。
小さいお子さんでもOK!
記念にもなりますね。


失敗しても大丈夫!
別の円に描き直して、気に入ったものを
バッジにしていただけます。


描けたら、円形の型で抜いて缶バッジマシーンにセットし
その場でバッジ作成。


あっという間に
オリジナル缶バッジの完成です♪

お子さんの参加も、親子で参加も、
大人だけでの参加も大歓迎です。
楽しみながら気軽にご参加ください。
もちろん、必要に応じてアドバイスやお手伝いも
させていただきます。

会場では作品も展示しています。
Galleryのオープン時間(10:00〜21:00)に
ご覧いただけます。

この土日はふく蔵さんへ♪
お会いできることを楽しみに
お待ちいたしております!

手作りクラフト展2017 in ふく蔵

兵庫県加西市のふく蔵さんにて
作品展示とワークショップをさせていただきます。

作品展示は8月1日(火)〜8月20日(日)の間、
Galleryのオープン時間に自由にご覧いただけます。

ワークショップは期間中の週末に5名の作家が
それぞれの担当日に行います。
ぼくは8月19日(土)と20日(日)の2日間を担当します。
内容は「自分の絵で缶バッジ作り」です。
会場で紙に絵を描いていただき、その場で缶バッジにします。
何を描いていいかわからん!という人も
難しく考えず、いっしょに遊びながら作りましょう!
気軽に立ち寄って楽しんでいただければ嬉しいです。
下記の画像をクリックすると、フライヤーの画像が開き
詳細をご覧いただけます。

趣のある酒蔵の建物で、美味しい食事やかき氷も楽しめます。
ショップではお酒の他、いろいろ販売されています。
ギャラリースペースではゆっくり作品をご覧いただけます。

それでは、会場風景を少しご紹介します♪

夏休みのお出かけに是非!
お食事ついでに是非!
ドライブがてら是非!

ふく蔵さんのサイト
http://www.299.jp/

ばくは19日と20日のワークショップの日に会場にいます。
みなさんとお会いできるのを楽しみにしています!

ヒグラシ

ヒグラシとフクロウ

畑へ出ての作業。
昨日より風が涼しくて有難い。

涼しさのせいか、夕方には
ヒグラシの鳴き声が。
もうそんな季節なんですね。

そして夜は
フクロウの鳴き声が
静かに響いていました。

カフカ

今年もギャラリー島田にて
ミニアチュール神戸展が開催されます。
今年の展覧会のテーマは
「わたしのかふか」です。

イメージを膨らせるために
カフカの小説を2作読んでみました。
感想は

・・・

重かったです(^_^;)

生きようとする心の糧や
原動力ってなんだろう・・・
などと、いろんなことを考えさせられました。

ぼく自身
生きものをテーマにした
ポジティブなエネルギーの作品を
描くようにしているので
どうしたものかと
相当悩みました。

そうして、今回は
「こんな気持ちで書きました」
という内容をメモに書き、
作品の裏面に貼って搬入してきました。

メモの内容は

+++
カフカの小説は重く心にのしかかった。
「生きたい」という感情は
人の愛や創造欲によって
保たれるのかもしれない。
ぼくは、満たされる想いを作品に込めたいと思う。
満たされた「今」と「最後」のために。
+++

です。

こんな気持ちで描いた作品です。
作品の一部分をチラッとお見せします(^_^)


ポジティブな作品に見えるかな?
それとも暗い絵に見える?

見てくださる皆様がどう感じたかを
またお聞かせいただけたら嬉しいです。

展覧会の情報は
このサイトのお知らせのページをご覧ください。

こどもと描いた絵

PC内の画像を整理していたら
懐かしい作品の画像が出てきました。

うちの長男が3歳くらいのころに
2人で一緒に描いて遊んだ作品です。
タイトル「笑う」
サイズはF50号(116.7×91.0cm)

 ぼくの絵を見てこどもが笑う
 こどもの絵を見てぼくが笑う
 2人の絵を見ていっしょに笑う

たしか、こんな文をつけてました(笑)

気の向くままに2人で描いて遊びました。
この絵は今もアトリエに置いてあります。

その長男も、今では182センチ?ぐらいになり
ぼくの身長を超えました。
いっしょに遊んだものがこうして残っていると
そのころの子供との思い出が蘇って
「描いててよかった」と思います。
でっかくなった今でも、こどもに対する気持ちは
変わらんもんですね。

上の写真は、左が長男、
真ん中がおばあちゃん(実母)、
右が長女。
おばあちゃん、捕われた宇宙人状態(笑)

2017年 あけましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。
昨年末は久しぶりの個展で
たくさんのご縁をいただき
改めて絵を描くことの幸せを
実感することができました。

本年も、描きたい絵を素直に
ぶれず、且つ自由に
描いていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

皆様にとって、幸せ多き
一年になりますように。

vow's space + cafe 個展終了

12月25日、vow’s space + cafe での個展
酒井ひさお絵画展
いきもの 〜いのちあるもの〜
皆様のお陰を持ちまして
充実した展覧会となりました。

美味しいコーヒーにトーストやぜんざい、
缶バッジ作りのお手伝いまで
スタッフの容子さん、有難うございました!

オーナーの平岡さんご夫妻、
心地よい空間はオーナーの人柄そのもの。
本当にお世話になりました!
クリスマスイブの食事会、集まっていただいた皆様
楽しい時間を有難うございました!
それから、ご縁を繋いでくれた上に
たくさんお世話になった深尾夫妻、
本当に有難うございました!



新しい出会い。
いつも応援してくれている人たちとの
楽しい時間。
懐かしい人たちとの再会。
楽しく充実した時間を過ごせたのは
見に来てくださった方々との
出会いがあったからこそ。
写真を撮り忘れた人もたくさんいて
申し訳ありません(^_^;)
皆様に感謝申し上げます。

お陰様で、充実した年末を
過ごすことができました。

もっともっといい絵を描いて
これからもたくさんの方々と
繋がっていくことができれば
幸いです。

2017年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

皆さま、良いお年を!

個展終盤

今回の個展も
12月24日(土)のクリスマスイブと
12月25日(日)の最終日を
残すのみとなりました。
久しぶりの個展を
vow’s space + cafe さんで開催させていただき
本当によかったです。
たくさんの人とお会いし、
お話することができました。
作品展示を一部模様替えし、出してなかった作品も
少し追加して展示しています。
最終日まで、みなさんとお会い出来ることを
楽しみにお待ちいたしております。